ばれろんNEWS

2019年6月09日 コラム

札幌で買取を検討中の方必見!教科書が売れる条件とは?

「学生時代に使用していた教科書を売ろうと考えている。」
「どんな教科書が売れるのか条件を把握した上で、売りたい。」
このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
せっかく持っていったのに、売れなかったら残念ですよね。
そこで今回は、札幌市にお住いの方で教科書を売ろうとお考えの方に向けて、「教科書が売れる条件」の観点からお話しします。

条件

どのような条件であれば、教科書が売れるのでしょうか。
教科書買取条件に関して重要な考え方があります。
古本の買取業者の目線で考えることでわかりやすくな­りますよ!

教科書は売れる?

「使用感もあるし、学校で使っていた教科書って本当に売れるの?」
このような疑問を抱いている方に朗報です!
そのような使用感がある教科書でも売れるんです!
しかし実際は、業者ごとに売れる教科書の条件は違います。
では、売れる条件について基本的な考え方を紹介していきます。

教科書が売れる理由

教科書が売れる理由についてご説明します。
教科書に限った話ではないのですが、書籍や文芸本でも、その本を買う人がいそうな本は売れます。

・人気がある
・最新である
・安定した需要がある

これらが教科書が売れる代表的な条件です。
そのため、使用感がある教科書や発売されてから年月が経っている教科書でも売ることができるんです。
特に、学校で使われる教科書は「安定した需要がある」と考えることができます。
みなさんもこのような経験があるのではないでしょうか。
「学部1年・2年で必ず履修する必要がある授業がある」
大学の外国語学部であるという方で、
「学部1年生のときに使用する教科書」がいくつか思い当たるのではないでしょうか。

店舗側としても、毎年履修しないといけない教科書は、購入者(生徒・先生から)の需要があるため、在庫として買取したい本です。
塾講師や、学校の先生も参考資料として参考にすることも多いです。
それらを考慮して買い取りを行う業者もいるため、教科書が売れるのです。
TOEICの教科書が売れる理由は、英語を会社で必要としているビジネスマンが多くいるからです。
需要と買取の関係性を認識することができます。

売れる教科書の条件

これまで売れる教科書の条件を需要と供給の観点からお話ししました。
「人気がある教科書かどうか」という業者の観点から考えると、売れる教科書かどうか判別がつきやすくなりますね。
「需要がないと売れないのか?」
「ほかに売れる条件はないのか?」と、疑問に思うかもしれません。
「使用しなくなれば素早く売りに出す」ということは、売れる条件の1つです。
教科書は店側の買取条件があえば、買取してくれる可能性が十分に考えられます。

まとめ

今回は、学生時代に使用していた教科書を売却しようとお考えの方に向けて、「教科書が売れる条件」をお話ししました。
上記の内容を踏まえて教科書売却を検討してみてください。

お申し込み・お問い合わせ
はこちら

お気軽にお問い合わせください!
【受付時間 9:00~19:00】

0113761992 0113761992

24時間受付中! LINEもOK!

全古書連 札幌古書組合加盟店

〒062-0934
北海道札幌市豊平区平岸4条3丁目7-11

0113761992 0113761992

受付時間 9:00〜19:00

ばれろん堂白石店
〒003-0022
北海道札幌市白石区南郷通18丁目南1-3