ばれろんNEWS

2019年10月21日 コラム

【札幌で古本買取】なぜ古本買取が安い価格になってしまうの?その理由を解説!

「古本を買い取ってもらいたいけど、思ったよりも買取価格が安い…」
「なぜ安くなってしまうんだろう?」
「どんな種類の本が安くなってしまうの?」

古本買取って安い値段になってしまいがちですよね。
なぜ安くなってしまうのでしょうか。
そこで今回は、なぜ本の買取価格が安くなってしまうのかについて解説します。

 

古本買取が安くなる理由は?

 

本が古い

初版から年数が経過した本は安くなります。
これは、時間が経過したことによって、流通量が増えたり、話題性が薄れてしまったりするからです。

 

本の保存状態が悪い

保存状態が悪く、傷や汚れがあったり、カバーがなかったりする場合は値段が安くなります。
高価買取を期待するならば、なるべく買った時の状態に近い本が望ましいです。

 

流行り廃りのあるジャンルの本

文庫本、新書、漫画などはその時々で内容の価値が変化しやすいため、安くなってしまう場合があります。
反対に、専門書や参考書であれば知識や情報が廃れないので、値崩れしにくい傾向にあります。

 

本に希少価値がない

流通量が多く、希少価値の少ない本は安くなります。
地域や期間を限定して発売された本や、特典付きの本は、一部のファンから高い需要があるため値段が高くなりやすいです。

 

買い取り業者の査定額が安い

これは、そもそも査定額が安い業者に買取を依頼した場合です。
例えば大手の古本屋チェーンでは、査定の業務オペレーションを効率化するために、査定額が安くなってしまう場合があります。
もし全ての本を適正に査定し、値付けすることを徹底しようとすれば、全ての店員にコストをかけて教育をする必要があります。
しかし、大手古本屋チェーンでは、そういった人件費を抑えるため、「1冊10円」のようなマニュアルに沿った査定を行う場合が多いです。
自社の利益を考えると、コストを削減するために査定額を高くすることは難しくなるのです。
古本買取専門の業者なら買い取ってくれるようなジャンルの本でも、大手の業者のマニュアルでは対応しきれないものもあり、結果的に買取額が安くなったり、買取をしてもらえなかったりする場合もあるため注意が必要です。

 

まとめ

今回は、古本買取価格がなぜ安くなってしまうのかについて解説しました。
もし古本を高く買い取ってほしい場合は、当社にお任せください。
当社は地域特化、無店舗経営、ネット販売特化によってコストを削減し、古本査定のプロによる査定を実現しています。
決まった査定マニュアルを使用せず、スタッフ1人1人が目で見て手で触って、丁寧に査定します。
札幌在住の方で、古本の高価買取をご希望の方は、ぜひメールかお電話でご相談ください。

お申し込み・お問い合わせ
はこちら

お気軽にお問い合わせください!
【受付時間 9:00~19:00】

0113761992 0113761992

24時間受付中! LINEもOK!

全古書連 札幌古書組合加盟店

〒062-0934
北海道札幌市豊平区平岸4条3丁目7-11

0113761992 0113761992

受付時間 9:00〜19:00

ばれろん堂白石店
〒003-0022
北海道札幌市白石区南郷通18丁目南1-3