ばれろんNEWS

2019年5月05日 コラム

札幌の業者が古本の買取のブックカバーの重要性を解説します!

「ブックカバーのない本は売れないのかな?」
「ブックカバーや帯がそろうと査定額が上がるって本当?」

古本を買取に出す際、ブックカバーの有無は非常に重要です。
今回は、古本のブックカバーの重要性を中心に、古本を買取に出す上でのコツについてお話しいたします。

□古本買取でブックカバーは必要?

結論から言うと、古本を買取に出す際にはブックカバーが必要です。
ブックカバーのない書籍は、多くの買取業者が査定しないからです。

大手の古本買取業者では、幅広いジャンルの本の査定を毎日行っております。
多くの書籍を査定するには、時間を短縮する必要があります。
したがって、査定のマニュアルが定まっております。

このような業者の査定のマニュアルでは、本の状態を中心に評価します。
そのため、ブックカバーがない本は、状態が悪いとみなされてしまいます。

□ブックカバーがない本を買い取ってもらうには

ブックカバーがない場合でも、買取をしてもらえる場合があります。

*査定額が下がるのを了承した場合

ブックカバーのない本は、状態が悪い本です。
しかしながら、査定額は下がりますが買取を受け付ける業者もあります。
もしくは、受け付けるが無償であることを条件にしている業者もあります。

お金が発生すれば嬉しいですが、処分さえできれば良いとお考えの方におすすめです。

*書籍が貴重なものである場合

ブックカバーがなくても、価値が高い書籍があります。
需要のある絶版の本や、昭和期の漫画がこれに当てはまります。

この場合、多少の減額はありますが、ニーズが高いのでほとんどの業者は買い取るでしょう。

*参考書といった実用書

内容が時代で変化しない実用的な本は、毎年多くの人からのニーズがあります。
参考書のような実用書は、新品の定価が高くなる傾向があります。
したがって、使用のみを求める方は中古でも構わないと考えているので、一定の需要が存在します。

これらのニーズに応えるために、参考書を専門に取り扱う買取業者もあります。
限定された専門分野の書籍を取り扱う業者は、買取価格が高くなる傾向があります。

限定された分野のみの書籍を取り扱う業者に、買取の依頼をするのもコツの1つです。

□まとめ

今回は、古本のブックカバーの重要性を中心に、古本を買取に出す上でのコツについてお話しいたしました。

書籍の買取の際、ブックカバーの存否は非常に重要です。
極力残すようにして、万が一見つからない場合には依頼する業者を詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

ばれろん堂では古本の高価買取を行っております。
札幌を中心に道内全域で古本買取をお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。

お申し込み・お問い合わせ
はこちら

お気軽にお問い合わせください!
【受付時間 9:00~19:00】

0113761992 0113761992

24時間受付中! LINEもOK!

全古書連 札幌古書組合加盟店

〒062-0934
北海道札幌市豊平区平岸4条3丁目7-11

0113761992 0113761992

受付時間 9:00〜19:00

ばれろん堂白石店
〒003-0022
北海道札幌市白石区南郷通18丁目南1-3