ばれろんNEWS

2019年4月09日 コラム

札幌の買取専門店|教科書を売るタイミングをご紹介

「教科書はいつ売るのがベストなの?」
こういう疑問をお持ちの方多いのではないでしょうか。
必要なくなった教科書、せっかく売るなら売れやすい時期を選びたいですよね。
そこで今回は札幌の専門書店が皆さんに教科書が売れやすいタイミングについて紹介します。

□いつ売るのが良いの?

*購入してから1年以内

教科書も1年ごとに内容が変更される可能性があります。
新しく出版される頻度は、漫画や雑誌ほど多くはありません。

しかし、医療やコンピュータなど発達している分野においては、情報の更新が早いです。
そういう本は購入してから、遅くても1年以内に売ることをオススメします。

また著名人が書いた本や、古くから使い続けられている教科書を以外は、1年以内に売るのが無難です。
売ることを考えている場合、教科書が使い終わったら、すぐに買取専門店に依頼しましょう。

*3月と8月を目安に!

大学生が教科書を買い始める時期は、春学期、秋学期が始まる前の3月と8月が多いですよね。
早急に売る必要がない場合は、授業が開始する前月まで待つ方が高値で買い取ってくれるかもしれません。

また例えば、文学や経済学などの分厚い本や、海外から輸入された教科書などは高額なため、中古品の人気が高いです。

自分でアルバイトをして生活している学生にとって、教科書の出費はすごく痛いですよね。
また学部によっては、約半年ごとに教科書を買い替える場合もあります。
他にも授業の科目によっては、一万円を超える教科書もあるため、中古の商品を探し求める学生が多いです

毎回定価で買うより、中古品を手に入れる方が良いと考える学生が多いため、古本屋もこの時期は教科書の買取を強化しています。

□注意点

 

教科書を売る際、大手の古本屋に依頼する方多いですよね。
しかし、大手だと、時期を問わず、買取価格が安い、あるいは対象外のところが多いです。
そのため、教科書を買い取ってもらう際は、事前に高値買取店を調べておきましょう。
また内容が変更された教科書は価値が大きく下がってしまうことにもご注意くださいね。

□まとめ

 

以上、教科書が売れやすいタイミングを紹介しました。
使わなくなった教科書、せっかく売るなら、高く売れる時期に売りたいですよね。

当社では、教科書や参考書を買取強化商品として取り扱っております。
また、査定する際はマニュアルに頼らず、スタッフが一冊ごとにきちんと査定いたします。
教科書を売りたい方はこの機会にぜひ「ばれろん堂」を利用してみてはいかがでしょうか。

お申し込み・お問い合わせ
はこちら

お気軽にお問い合わせください!
【受付時間 9:00~19:00】

0113761992 0113761992

24時間受付中! LINEもOK!

全古書連 札幌古書組合加盟店

〒062-0934
北海道札幌市豊平区平岸4条3丁目7-11

0113761992 0113761992

受付時間 9:00〜19:00

ばれろん堂白石店
〒003-0022
北海道札幌市白石区南郷通18丁目南1-3