ばれろんNEWS

2019年3月17日 コラム

遺品整理で出た古本の処分方法とは?札幌の業者がご紹介します!

「遺品整理で出た古本を処分したいけれど、どのように処分したらいいのかわからない」
このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

普通に捨てていいものなのか、どこかに買い取ってもらえるのか、悩ましいところですよね。
そこで今回は、遺品整理で出た古本の処分方法について、わかりやすくご紹介します。

 

□古本は一般ごみとして処分できる

 

古本は紙であるため、家電などのように特殊な処分方法が求められるわけではなく、一般ごみとして処分することができます。
しかし、一般ごみとして処分するということは、処分するのにお金がかかってしまいます。
そのため、古本が大量にある場合には、以下にご紹介する方法で買取をしてもらう方が圧倒的にお得です。

 

□古本を買取してもらう場合の方法3選

 

古本は一部を除いて買取してもらうことができ、ここではその方法を3つご紹介します。

 

*フリマアプリ等に出品する

まずご紹介するのが、近年利用者が増えているフリマアプリを利用するという方法です。
フリマアプリを利用すると、自分の希望価格で古本を出品し、買取希望者を募ることができます。

 

*大手リサイクル書店を利用する

この方法は利用したことがある方も多いのではないでしょうか。
大手リサイクル書店に古本を持ち込めば、幅広いジャンルの古本を一括買取してもらえます。

 

*当社のような買取専門店を利用する

3つ目にご紹介するのが、当社のような買取専門店を利用する方法です。
当社では、「出張買取」・「宅配買取」・「持込買取」を実施しており、いずれの方法でも、適正価格での査定・買取を行います。

 

□大量の古本がある場合は、出張買取サービスの利用がおすすめ

 

遺品整理で出てくる古本は、量が多い場合がほとんどだと思います。
大量の古本を一般ごみとして処分すると費用が高くついてしまうため、買取を検討することになります。
その方法としては上記の3つの方法が考えられます。

フリマアプリは、問い合わせ対応や交渉、梱包などいくつもの作業が必要であるため、大量の古本を売る場合は非常に手間がかかります。
大手リサイクル書店はマニュアルに沿った買取をするため、適正価格で買取してもらえない場合があるほか、大量の古本を店まで持っていく必要があり大変です。
当社のような買取専門店に出張買取サービスを依頼した場合、業者が自宅に訪問し、それらの大量の古本を適正価格で査定・買取してくれます。
このような特徴から、大量の古本の買取方法としては、出張買取サービスを利用することがおすすめです。

 

□まとめ

 

以上、遺品整理で出た古本の処分方法についてご紹介しました。

上記の通り、遺品整理の際には大量の古本が出る場合が多く、それらを処分する際には当社のような買取専門店に出張買取サービスを利用することがおすすめです。
北海道にお住まいの方が古本の処分をする際には、ぜひ一度、当社にご相談ください。

お申し込み・お問い合わせ
はこちら

お気軽にお問い合わせください!
【受付時間 9:00~19:00】

0113761992 0113761992

24時間受付中! LINEもOK!

全古書連 札幌古書組合加盟店

〒062-0934
北海道札幌市豊平区平岸4条3丁目7-11

0113761992 0113761992

受付時間 9:00〜19:00

ばれろん堂白石店
〒003-0022
北海道札幌市白石区南郷通18丁目南1-3