ばれろんNEWS

2020年5月05日 コラム

古本買取を検討の方必見!高価買取を叶える方法とは

古本を高値で買い取ってほしいけどそのコツが分からず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は業者目線から高価買い取りのポイントを明らかにして行きたいと思います。
また、ばれろん堂で高価買い取りが可能な理由もお伝えいたします。

 

古本業者が見ているところ

古本を高く売るコツを知るために古本屋がどのような視点から本を査定するのかを見てみましょう。

1つ目のポイントは本の内容です。
本の内容とは医学書や宗教学、古地図や昔のパンフレットなど専門性があるかどうかです。
専門性が高い本が多いと買取額もアップします。

メディアなどで大々的に取り上げられている本が高値で取引されるとお考えの方もいるでしょう。
しかし、たくさん売れるということは同時に古本の市場にも多く出回ってしまうことでもあります。
多くの古本が出回ってしまうと買取の値段が下がってしまいます。

一方、専門性が高い本は発行部数が少なかったり、定価が高かったりするためあまり古本の市場に出回らず値段の下落があまり起こりません。

2つ目は本が揃っているかどうかです。
シリーズものの本に限りますが、1巻から最終刊まで全ての巻が揃っていると買取額が高くなります。

しかし、揃ってないからと言って売ることを諦める必要はありません。
不揃いでも買取金額は落ちてしまいますが、業者は買取をしてくれます。
その際は1冊ずつ売ったり、他に不揃いで売却された本と合わせて全巻揃いとして販売されたりします。

3つ目のポイントは保存状態です。
欲しい本が安く買えるとはいえ、本が汚かったら買うことを躊躇しますよね。
いくら専門性が高い本や全巻揃っている本でも本の状態が悪いと需要が少ないため査定額が安くなってしまいます。

よくある本の悪い状態にヤケがあります。
ヤケとは本が長い間日光や照明の光に当てられて背表紙が色あせてしまうことです。
また、煙草のヤニのせいで本が変色することもあるため喫煙者の方は本の近くで吸わないなど本を綺麗に保つ行動を心がけましょう。

 

高価買い取りのためのクリーニング法

高価買い取りには本が綺麗であることが大切です。
そこで自分でできる本のクリーニング法について紹介します。

1つ目は本の臭いを取る方法です。
意外と本には臭いが付いていることを知っていますか。
本に臭いがつく原因は煙草やカビ、皮脂や食べカスなど様々です。
ここでは皮脂や食べカスによる臭いに焦点を当てていきます。
ただ、この方法は時間がかかってしまい、すぐに本を売りたいという方には向いていないので注意してください。

臭いを取るためには重曹が必要です。
重曹は臭いの元を断つものではなく臭いを吸収するため、重曹の効果を最大限に発揮するよう密閉空間で行う必要があります。

方法は重曹が飛び散らないようビニール袋などにまとめて、本と一緒に段ボールなどに詰めておくだけです。
そのまま1週間から1ヶ月程度放置しておいてください。
この期間以上放置しても臭いが取れないようであれば、その本を脱臭することを諦めた方が良いでしょう。

2つ目は値札シールの剥がし方です。
古本屋で購入した本には値札シールが付いていますよね。
古本屋で購入した本を再び売りに出すときに値札シールが付いたままだとそれ以上の値段を付けにくくなってしまうため、剥がしてから売るようにしましょう。

綺麗に剥がすには「シール剥がし」という商品を使います。
筆にとって塗布するものやスプレータイプ、チューブタイプのものなど種類は豊富ですが自分に合ったものを使いましょう。
粘着力が強いシールを無理に剥がそうとするとシールが本に残ってしまったり爪の跡が残ったりするのでやめましょう。

 

ばれろん堂が高額買取できる理由

 

実店舗がないから

ばれろん堂は実店舗を持たず、インターネットでの販売を行っています。
さらに、買い取った本をすぐに商品として売り出すため本を保管しておくスペースや販売に携わる人の数を最小限に抑えられます。
実店舗がないとお店の土地代や人件費がかからないため、その分他の業者よりも買取金額を高くできるのです。

 

確実に売れるから

ばれろん堂の販売方法はネットだけではなく、各地で販売会を行うこともあります。
例えば、札幌のばれろん堂では札幌地下歩行空間で「チカホブックマルシェ」というイベントを主催しています。

このイベントは毎月行われていて様々な種類の古本が売買されています。
このように確実に売る機会があるばれろん堂は経営が安定しており、それが高価買い取りに一役買っているのですね。

 

査定力に自信があるから

北海道を中心に本の買い取りサービスを行っているばれろん堂ですが、東京や大阪などの都市からも毎月本を仕入れています。
そのやり取りから全国の大手古書店とのパイプを獲得しているため、最新の古本事情に敏感で査定に定評があると言われています。
また、ばれろん堂には査定のマニュアルがなく、スタッフが1冊ずつ丁寧に査定をすることで査定額が高くなっています。

 

まとめ

今回は古本業者が本を査定する際の目の付け所から高価買い取りになるポイントやばれろん堂が高価買い取りを実現できる理由について説明しました。
この記事を参考にお手持ちの本を高値で買い取ってもらいましょう。
また古本の買取を検討している方は是非ばれろん堂にお任せください。

お申し込み・お問い合わせ
はこちら

お気軽にお問い合わせください!
【受付時間 9:00~19:00】

0113761992 0113761992

24時間受付中! LINEもOK!

全古書連 札幌古書組合加盟店

〒062-0934
北海道札幌市豊平区平岸4条3丁目7-11

0113761992 0113761992

受付時間 9:00〜19:00

ばれろん堂白石店
〒003-0022
北海道札幌市白石区南郷通18丁目南1-3