ばれろんNEWS

2022年9月05日 コラム

旧車好き必見!昔懐かし80年代のカタログをご紹介!

1980年代は日本車や外車が入り混じり、その中でも特に日本車の活躍が著しい時代です。
昔の車は、車自体の価値が上昇していて、その車のカタログの価値も上昇しています。
今回は、1980年代の車やカタログについてご紹介します。
1980年代の車やカタログについて興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

 

□1980年代に輝いていた車をご紹介します!

1970年代に起きたオイルショックや排気ガスの規制が厳しくなったことで、海外で主流となっていた大排気量タイプの車が苦しんでいました。
そのような中、日本の小型種や比較的排気量の少ないタイプが海外で評価され輸出量が拡大していました。
結果として、1980年は世界で1番日本車が輸出されています。

日本は高度経済成長期に当たる年代になり、バブル景気から国内の自動車メーカーは多くのモデルを販売していきます。
1980年代後半はこれまでにないスポーツカーや高級車が国内外ともに売れるようになり、現在よりも価値の高い車が多く街を走る時代でした。
ここからは、そのような1980年代に輝いた車をご紹介していきます。

1つ目は、トヨタ自動車が販売した初代ソアラです。
日本車のイメージは従来、安くて燃費のいい車でしたが、自動車メーカーにとっては利益率が低いことが懸念されていました。
そのため、各自動車メーカーは、機能性やかっこよさを追求した高級車のラインナップを揃え始めます。

・デジタル表示のスピードメーター
・タッチパネル式のオートエアコン
・音声警告機能
・クルーズコントロール

上記がソアラに搭載された当時最先端の技術です。
これまでにない新機能とフォルムにソアラの人気は上昇していきました。

2つ目は、三菱自動車が販売した初代パジェロです。
パジェロは1982年に登場し、オフローダーのイメージを一新させた車です。
乗用車感覚で使える4WD車で、機能的なフォルムと三菱が得意とするオフロード性能が当時人気を集めていました。

発売時は、メタルトップとキャンバストップの2つのラインナップでしたが、乗用車登録のワゴン、ディーゼルNA、ディーゼルターボ、エステートワゴンなどを追加しました。
パジェロはバリエーションを拡大したことで、多くの愛用者を獲得して大ヒットしました。

パジェロが発売されるまで、四輪駆動車は男が乗る車と考えられており、イメージに偏見がありました。
パジェロはそのイメージを覆し、女性がデートで乗りたい車へと変えていきました。
現在のSUVのかっこよく人気のあるステータスは、パジェロが作ったものと言っても過言ではありません。

 

□1980年代に活躍した名車のカタログをご紹介します!

ここからは日本車が特に輝いていた1980年代の車のカタログをご紹介します。
そもそもカタログとは、商品や展示物などの品目を整理して書き並べたもので、目録や説明書、案内書のことです。

車のカタログは、車の外観だけでなく内部の模型図やモデルが街中を走る様子を収めているものが多く、その車の購入者が車とセットで購入することに加えて、カタログマニアやその車に興味がある方が購入することも多いです。

まず紹介するカタログは、先ほどご紹介したソアラのカタログです。

カーエレクトロニクスを取り入れたコクピットや本皮革スポーツシートによって漂う高級感あるインテリアなど、内観や外観の写真がカタログに取り入れられています。
加えて、メカニズム面も人間のレントゲンのように紹介されます。

当時のトヨタが持つ技術を集めて作ったソアラの備品は、多くの人々を魅了しました。
その時代の高級車の代名詞であるエアサスペンションも大々的に紹介されています。

次に紹介するカタログは、グランド・ツーリングカーであるトヨタ2000GTです。
2000GTは日本を代表する高級スポーツカーで、発売は1967年ですが、1980年代に活躍した車の1つです。
滑らかなボディは、今でも人気が出そうなフォルムであるほど美しい外観がカタログで紹介されています。

本文にも、「走る機械と呼ぶには、あまりにも華麗すぎる」と書かれているほどです。
ソアラとは異なり、美しいフォルムや男性が憧れるコクピットを取り上げたカタログです。

 

□1980年代のクラウンやマーク2のカタログをご紹介します!

1983年に発売された7代目クラウンは従来のクラウンを受け継いだ型で、カタログではジャパニーズ高級車としてのクラウンを紹介しています。
長い間高級車の代名詞として君臨したクラウンの高級感のあるカタログです。

1988年にトヨタから発売された6代目マーク2は、当時は販売台数が日本1位の車でした。
マーク2は日本独特の小型車枠に独自のデザインや技術を取り入れた車として人気を呼びました。
シンプルで大人らしい車のカタログは「名車の予感」というタイトルから始まります。

 

□まとめ

今回は、1980年代の車とそのカタログについてご紹介しました。
ばれろん堂では、車のカタログの買取を行っております。
住宅にあるカタログや不要になったカタログをお持ちの方は、当社までお気軽にご連絡ください。

お申し込み・お問い合わせ
はこちら

お気軽にお問い合わせください!
【受付時間 9:00~19:00】

0118213336 0118213336

24時間受付中! LINEもOK!

全古書連 札幌古書組合加盟店

〒062-0934
北海道札幌市豊平区平岸4条3丁目7-11

0118213336 0118213336

受付時間 9:00〜19:00