ばれろんNEWS

2020年9月12日 コラム

本の帯は取っておくべき?古本を買取に出す際の注意点を解説します!

皆さんは、読書は好きですか。
実際に愛読家の方は、ご家庭にたくさんの本をお持ちでしょう。
しかし、中には読まなくなった古本があり、お困りの方はいらっしゃいませんか。
当社が、古本を買収に出す際のポイントや注意点についてお話しします。

 

本の帯は買収の際に必要か?

買収に出す際に、古本の本体の状態が良くても、帯がないため買い取ってもらえるか不安な方はいらっしゃいませんか。
買収の際に帯が必要であるか、簡単な帯の保存方法についてご紹介します。

 

買収の際の帯の存在

本を購入する際に、意外と目につくのが本の帯です。
実際に帯は、その本の宣伝やPRができる効果があります。
一際目を引くようなキャッチフレーズや、デザイン性の高い帯を見つけると、その本を読んでみたくなった経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないしょうか。

しかし、購入後に本の帯を保存している方は、全体の半数ほどです。
皆さんの中にも、本の帯は保管せず、捨てるという方もいらっしゃるでしょう。

帯を捨ててしまった方の中には、本を売却する際に帯が必要になるかとお悩みの方もいらっしゃるでしょう。
意外かもしれませんが、本の帯は買収価格に影響しません。
一般的な本についている帯がなかったことで減額や、逆に帯があったから買収価格が上がることはないです。

しかし、例外もあります。
帯に特典がついている場合や、有名な作家さんが書いた初版本の帯は、ついてなければ減額対象になるので気を付けましょう。

このような本をお持ちの方には、ぜひ参考にしていただきたい本の保存方法があります。
本を収納する際に、よれてしまったり破れたりする経験をお持ちの方もいるでしょう。
そのような方に向けて、本の帯の簡単な保管の方法をご紹介します。

 

本の帯はどうして保存するのがいいの?保存方法5選をご紹介!

1つ目は、買った時のまま、つけっぱなしにしておく方法です。
労力はかかりませんが、収納する際に注意しながら収納する必要性があります。
また、読書の際によれるといった意見もあったため、読書の際には外す方もいらっしゃるようです。

2つ目は、帯の上からブックカバーをつける方法です。
汚れや破れはこの方法で防げます。
特に、透明のブックカバーは背表紙も分かりやすいのでおすすめです。
しかし、本のサイズが異なるコミックと文庫本では異なるカバーを揃える必要があるため、少し不自由に感じる方もいらっしゃるでしょう。

3つ目は、本とは別々にして、クリアファイルに入れて保管する方法です。
経年劣化を防ぎ、直接触らずに保存できるこの方法は、最も綺麗に保管できます。
また、クリアファイルは100均で安く購入できるため、お金がかかりません。
しかし、一目見ただけで分別できず、どの本の帯だったか混乱してしまう点は難点ですので、几帳面な方やコレクションがお好きな方に限ったおすすめの方法だと言えるでしょう。

4つ目は、表紙と帯を入れ変えて保管する方法です。
古本屋が最もおすすめするこの方法は、簡単に保存でき、どの帯であったか忘れることもなく、綺麗なまま保管が可能です。
しかし、本の表紙分の厚さがなくなるため、微妙に空間ができてしまいます。
いったんカバーを外し、裏側の帯の淵を本の暑さに合わせて折り目をつけることで解消できるので、違和感を感じた際には試してみてください。

5つ目は、本を読む際にしおりの代わりとして利用する方法です。
本を読み進めた場所がしおりにすることで忘れず、破らずに帯を保管できるため一石二鳥の保管方法です。
古本屋で、購入された方は、しおりをお持ちでない方も多いでしょう。
そのような方は、帯をしおりの代わりに活用してみてはいかがでしょうか。

 

古本を売る際の注意点と豆知識

古本を売る際に、減額対象となる古本もあります。
それは、サイン入りの古本です。
サイン入り本は高額で売れるとお考えの方や、反対に、そもそもサイン入りでは売れないことを懸念する方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、古本をメインに回収してくれる業者の場合は、買い取ってくれるのでご安心ください。

次に、サイン本の価値について解説します。
サイン入りであるので、高額な価値がつくとお考えの方もいらっしゃるでしょう。
サイン入りの価値が認められる場合は稀で、一般的には落書き扱いされ、減額対象に該当します。

しかし、中には、最近の有名人のサイン本は確証がつきやすいため、プラス査定になる場合もあります。
買収業者には、コレクターや愛好家が集う希少価値の高い商品を売買している業者もあるので、サイン本について、高額で売却したい方は一度ご検討ください。
定価よりも高く売れることは稀で、宛名が入っている際には査定額が減額するため、注意しましょう。

また、豆知識として、古本の中でも雑誌は意外と高額で買収してくれる業者があります。
何度か読むと捨ててしまいがちな雑誌ですが、その時代の文化を表す雑誌は、価値があります。
雑誌を専門に買収している業者もあるくらい、雑誌は価値が高いため、捨ててしまわず、業者に買収してもらうことをおすすめします。

 

まとめ

多くの場合、帯の有無は本の買収に影響しないことがお分かりいただけたでしょう。
また、サイン本の買収を検討される方は、思ったより安く売却して後悔しないようお気を付けください。
当社では、一冊ずつ丁寧に査定を行っているため、お客様が納得された価格で買収しています。
まずは査定から、お気軽にご依頼ください。

お申し込み・お問い合わせ
はこちら

お気軽にお問い合わせください!
【受付時間 9:00~19:00】

0113761992 0113761992

24時間受付中! LINEもOK!

全古書連 札幌古書組合加盟店

〒062-0934
北海道札幌市豊平区平岸4条3丁目7-11

0113761992 0113761992

受付時間 9:00〜19:00

ばれろん堂白石店
〒003-0022
北海道札幌市白石区南郷通18丁目南1-3