ばれろんNEWS

2020年7月26日 コラム

ビジネス書の処分にお困りの方へ!古本買取を活用しましょう!

近年ビジネス書の台頭が目立ち、本屋では多くのビジネス書を見かけます。
読み終えたビジネス書は、よほど気に入ったものでない限り、読み直すことがあまりないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、ビジネス書の処分についてお話しします。
ビジネス書の処分にお困りの方は、ぜひ参考にしてください。

 

ビジネス書とは

そもそもビジネス書とはどんなものを指すかをはっきりしておきましょう。
ビジネス書とは、ビジネスに関わる知識や物事の考え方をまとめた本です。
経営や経済についての本はもちろん、マナーやマーケティング、モチベーションを上げる方法など様々なジャンルの本があります。
そのためビジネス書は社会人のみならずこれから社会人になる学生にも人気があるなど、幅広い層の人に需要があるのが特徴です。

その人気から、2010年からはビジネス書大賞が開催されるようになりました。
本屋の人気ランキングにのることも増えており、本屋の店頭に積み上げられたビジネス書を見かけた方も多いのではないでしょうか。
その影響で、日本でビジネス書は1年で1万冊も発刊されているとも言われています。
社会人になったことでビジネススクールなどに通って勉強する時間が取れない方や、社会人になる前に心構えを知っておきたい学生の方にとってビジネス書はとても便利な本です。

 

ビジネス書の買取は早さが勝負である

年間で1万冊近くも新刊のビジネス書が発刊されているため、一般的な中古の場合高値がつきにくい傾向にあります。
なぜなら年間発刊数が多く、競争が激しいため1冊の需要や流行が長く続かないからです。
そのためビジネス書を買取してもらいたい場合はなるべく早く売ってしまうことをおすすめします。

しかしながら、その傾向に当てはまらないビジネス書もあります。
特に、長年売れ行きが好調でベストセラーとなっているビジネス書や自己啓発本の場合は、需要が高いため価値が下がりにくいことを覚えておきましょう。
また、発刊されてから2~3年程経ったビジネス書であれば、その内容次第でそこまで低くない値段で買い取ってもらえる場合もあります。
もう古い本だからといって買取を諦めるのではなく、思い立った時に売りに出してみてはいかがでしょうか。

また、ビジネス書の中には時期によって買取価格が変化する場合があります。
決算が増える春先ごろは会計に関するビジネス書、リーダーシップに関するビジネス書は秋頃、ボーナスが出る年末には資産運用に関するビジネス書のニーズが高まるため、その時を見計って買取をしてもらうのもおすすめです。
しかし、最近では電子書籍の人気が高まっており、中古のビジネス書の需要は下がる傾向にあります。
電子書籍の台頭も含め、もう読まないと決めたビジネス書はなるべく早く売りに出すようにしましょう。

 

ビジネス書を高く買い取ってもらうために必要なポイントとは

ビジネス書のみならず他の本を買取に出す際にも同様のことが言えますが、査定価格を少しでも上げたい場合はその本の保存状態が良いことが望まれます。
特にページの汚れや折れは、査定価格を大幅に下げる原因となってしまうため注意が必要です。
ホコリが被っていた場合も減額される可能性が高いため、査定前にホコリを払っておくのも大切です。
また、本は直射日光に長時間当ててしまうと紫外線の影響で日焼けしてしまうため、本の読み方や保管場所には気をつけるようにしましょう。

また、ページが破れ明らかに内容が飛んでいるものや、汚れで内容が読めないもの、過度に濡れてしまっている本は、買取の対象にならないことがあるため注意が必要です。
付随のCDやDVDといったアイテムがセットになっているビジネス書の場合は、買取に出す際に一緒に売り出す必要があります。
そのCDやDVDが目的で本を探している方もおられるため、セットになっていない場合は大幅な減額、もしくは買取自体ができなくなってしまうため注意しましょう。

 

書き込みのある本を買い取ってもらうにはどうすれば良いか

ビジネス書をある種の参考書のようなものとして使う方も多いのではないでしょうか。
その場合、本に直接気づいたことや重要だと思う文章に書き込みをすることもあると思います。
本に書き込みが見つかった場合も、査定価格のダウンに繋がるため注意が必要です。
もともと将来的に売るつもりで買ったビジネス書には、書き込まずに読むようにしましょう。

また、もしも書き込んでしまった場合は、査定前に消しておくことをおすすめします。
しかし、強く消しすぎてページが破れてしまうと元も子もないので、なるべく優しく消す、もしくは無理して消さないことも大切です。

 

まとめ

今回はビジネス書の買取についてお話ししました。
ビジネス書は需要や流行が早くすぎてしまうため、なるべく早く売りに出すことが大切です。
また、本の状態によっては買い取ってもらえないこともあるため保管状態には注意しましょう。
ビジネス書の処分にお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

お申し込み・お問い合わせ
はこちら

お気軽にお問い合わせください!
【受付時間 9:00~19:00】

0113761992 0113761992

24時間受付中! LINEもOK!

全古書連 札幌古書組合加盟店

〒062-0934
北海道札幌市豊平区平岸4条3丁目7-11

0113761992 0113761992

受付時間 9:00〜19:00

ばれろん堂白石店
〒003-0022
北海道札幌市白石区南郷通18丁目南1-3