ばれろんNEWS

2019年11月13日 コラム

札幌で古本買取をお考えの方必見!ISBNについて解説します

「ISBNコードってそもそも何?」
「ISBNコードって何のためにあるの?」
こんな疑問をお持ちの方、多いのではないのでしょうか?
本の裏表紙に記されている13桁の数字、見たことはあっても詳しくは分かりませんよね。
実は、ISBNコードには色々な情報が隠されています
そこで今回は、札幌で古本買取を検討されている方へ向けて、ISBNコードとは何かについて詳しく解説します。

 

 

ISBNコードとは?

ISBNとは、International Standard Book Numberの略で、日本語では「国際標準図書番号」と呼ばれます。
出版流通の効率を上げるために、1981年に作成されました。
現在は13桁の数字です。(2006年までは10桁でした)
これは、世界117カ国共通で書籍を判別するための番号です。
また、日本においては、このISBNコードをもとに作られた「日本図書コード」が広く採用されています。

 

 

ISBNコードの仕組みは?

ISBNコードは文字の組み合わせによってその書籍を特定できます。
一つ一つ見ていきましょう。
ISBNー○○○―△△―☆☆☆☆―●●●●―▲
○○○:接頭番号
書籍を表す番号です。
日本は978と決められています。
△△:国記号
書籍を発行する国を表す番号です。
日本は4です。
☆☆☆☆:出版社番号
出版社を表す番号です。
例えば講談社さんなら06、集英社さんなら08となります。
●●●●:書名記号
各出版社が割り当てるそれぞれの本の番号です。
△:検査数字
番号が正しいかどうかを検査するための数字です。
13桁の数字に、その本に関する情報が詰め込まれています。

 

 

ISBNコードがないと買取してもらえない?

買い取り価格の決定や販売、発送にもISBNコードは使われています。
そのため、大手のチェーン店や一部のお店では、ISBNコードが付いていない古本は買取を受け付けていない場合があります。
ただし、ISBNコードが付いていない古本でも買取をしてくれるお店もありますので、よく調べてから買取をお願いするのがおすすめです。

 

 

札幌での古本買取なら、ばれろん堂へ!

高価買取

無店舗経営、ネット販売特化、地域特化によりコスト削減に成功しました。
それをお客様に還元するので、本が高く売れます。

 

選べる3つの買取方法

持込買取だけでなく、出張買取や宅配買取も実施しています。

 

手数料無し

出張費、送料、査定費、全て無料です。
まずは、お気軽にご連絡ください。

 

 

まとめ

今回は、札幌で古本買取をお考えの方を対象に、ISBNコードについて解説しました。
今まで知らなかった謎の数字の意味が分かると、本を見るのも少し楽しくなりますね。
ばれろん堂では、プロが一冊一冊手作業であなたの大切な本を査定します。
さらに、最新の古本相場を理解しているので、本の価値を性格に見極められます。
札幌で古本買取をお考えの方は、ぜひ一度、ばれろん堂までご相談ください!

お申し込み・お問い合わせ
はこちら

お気軽にお問い合わせください!
【受付時間 9:00~19:00】

0113761992 0113761992

24時間受付中! LINEもOK!

全古書連 札幌古書組合加盟店

〒062-0934
北海道札幌市豊平区平岸4条3丁目7-11

0113761992 0113761992

受付時間 9:00〜19:00

ばれろん堂白石店
〒003-0022
北海道札幌市白石区南郷通18丁目南1-3