ばれろんNEWS

2020年12月19日 コラム

車のカタログを買取してもらいたいとお考えの方へ!古本買取業者がコツを解説します!

車のカタログの売却をお考えの方はいませんか。
家に大量にある不要な車カタログを早く売却したいと思っている方は多いのではないでしょうか。
せっかく売却するのであれば、できるだけ高く買い取ってもらえたら良いですよね。

この記事では、車のカタログを高く売るためのポイントについて解説します。

 

なぜ車のカタログが売れるのか

ディーラーで無料で受け取れる車のカタログは、実は値段が付いて販売されています。
なぜ無料で貰えるカタログが売られているのか、気になる方は多いでしょう。
ここでは、車のカタログが売られている理由について解説します。

 

コレクション

まず1つ目の理由は、車のカタログはコレクションになるからです。
車好きの方にとって、車のカタログはコレクションしたいものの1つです。
カタログの楽しみ方は人それぞれであり、例えば車の走行している写真を楽しむ人もいれば、諸元表を見比べて楽しむ人もいます。

高級車のカタログが欲しい人もいます。
カタログを眺めるだけで、まるで自分が高級車を所有して、高級車に乗って走っている感覚を味わえるのも、カタログの魅力でしょう。

 

車購入の思い出

2つ目の理由は、カタログは車を購入した思い出になるからです。
自動車の購入はとても高い費用がかかりますよね。
そのため、車の購入時は、オーナーの思い入れが強くなるものです。
車を購入した思い出としてカタログが欲しい方は少なくありません。

また、カタログはずっと手元に残る点が魅力ですね。
車の場合、売却してしまうと何も残りませんが、カタログはずっと残ってくれます。
自分の自動車購入の歴史を物語ってくれるカタログは、最高の思い出の品になるでしょう。

 

旧車のカタログの需要

3つ目の理由は、廃盤となった旧車のカタログに需要があるからです。

旧車好きの方にとっては、旧車のカタログはぜひとも手に入れたいコレクションアイテムとなるでしょう。
自分が今乗っている車の初代の車がどんなものだったのか知りたい方にとっても、旧車のカタログは需要があります。

また、廃盤のカタログにはプレミア価格が付くことがあります。
そのため、売却目的で旧車のカタログを集める人もいるかもしれませんね。

 

車のカタログを高く売るためには

車のカタログの売却を考えている方であれば、できるだけ高い値段で売りたいですよね。
ここでは、車のカタログを高く売るためのポイントについて解説します。

1つ目のポイントは、コンディションの良いうちに早く売却することです。
車のカタログに破れや書き込み、水漏れなどがあると、人気の高いシリーズであっても買取してもらえない場合もあります。
そのため、カタログのコンディションには十分注意しましょう。

逆に、非常に質の良いカタログの場合は、買取店側にとっては再販しやすいというメリットがあります。
そのため、プラス査定に繋がることもあるでしょう。

2つ目のポイントは、車に関する資料や冊子をまとめて売ることです。
カタログを買い取る専門店では、自動車やバイクに関する紙資料全般を取り扱っています。
そのため、カタログの他に車に関する紙資料を持っているなら、まとめて売ると良いでしょう。

特に昭和30年から40年に販売されていた車種の整備書やパーツカタログ、広報写真、チラシなども高値で買い取られる可能性があります。

3つ目のポイントは、専門店の特徴を把握することです。
車カタログを取り扱う専門店の種類は様々です。

例えば、雑誌の買取も行う古書店に査定依頼を行う場合、カタログと一緒に自動車関連書籍も手放すと良いでしょう。
また、カーグッズを取り扱うお店の場合は、ミニカーやプラモデルなどを一緒に売ると良いですね。

4つ目のポイントは、売却時にできるだけ多くの情報を伝えることです。
複数の車カタログを売却する場合、冊数に加えて車種や年代、イベント名など多くの情報を査定士に伝える必要があります。
また、Exelに情報をまとめてメールやFAXでお店に送信するのも良いですね。

買取手続きがスムーズに進むよう、売却前に準備をしっかり行いましょう。

5つ目のポイントは、見積もりが丁寧な買取業者に出張買取を依頼することです。

車カタログは、在庫状況や販売ルートなどによって査定額が大きく変わってきます。
査定が甘い業者だとそれなりの値段をつけてもらえないこともあるため注意しましょう。
また、売却予定のカタログのリストを事前に送付しておくと、お店側がそのカタログに興味を持っているかどうか判断しやすくなります。

以上5つのポイントを意識しながら車のカタログ買取をご検討されてはいかがでしょうか。

 

まとめ

今回は車のカタログが売られている理由と売却時のポイントについて解説しました。
カタログの売却にもコツがあることをお分かりいただけたでしょうか。
この記事を参考にして、より高い値段でカタログを買い取ってもらいましょう。
古本の買取に関してご質問等ございましたら、お気軽に当社までご連絡ください。

お申し込み・お問い合わせ
はこちら

お気軽にお問い合わせください!
【受付時間 9:00~19:00】

0113761992 0113761992

24時間受付中! LINEもOK!

全古書連 札幌古書組合加盟店

〒062-0934
北海道札幌市豊平区平岸4条3丁目7-11

0113761992 0113761992

受付時間 9:00〜19:00

ばれろん堂白石店
〒003-0022
北海道札幌市白石区南郷通18丁目南1-3