ばれろんNEWS

2018年4月30日 コラム

本にはどんな種類がある?種類を知れば、もっと本が大好きに!

こんにちは!本の出張買取「ばれろん堂」です。

 

小説や、実用書、専門書、写真集など、世の中にはたくさんの本がありますが具体的にはどのような種類に分かれているかご存知でしょうか。

 

今回は本の種類や分類についてお話します。

本はどんな種類に分けられるのか、ばれろん堂での取扱いが多い本の種類もお教えします!

図書館の風景

 

 

本の種類ってどのくらいある?どうやって決めている?

日本の図書館では「日本十進分類法」の基準に沿って本の内容ごとに下記の10種類に大きく分類され、種類ごとに並べられています。

0.総記

1.哲学

2.歴史

3.社会科学

4.自然科学

5.技術

6.産業

7.芸術

8.言語

9.文学

 

これは図書館で本を分類するための分類法で、図書館以外の書店や出版社では特に統一された決まりはありません。

それぞれの書店や出版社ごとに適切な基準を設けて種類分けしていることがほとんどです。

 

 

実際に本屋で使われやすい本の種類分けとは?

青いテーブルに置かれた専門書

本のジャンルは多岐に渡り、実は発行元の出版社でさえも「この本はどちらのジャンルに入れたらいいんだろう・・・?」と悩む場合も多々あります。

今回はその中でも書店でよく使われている種類分けをご紹介します。

 

文芸

「文芸」はおそらく最も一番多くの人が触れたことのあるジャンルではないでしょうか。

小説、エッセイ、評論をはじめ、詩、短歌、俳句、戯曲なども含まれます。

 

ばれろん堂の【書籍・文庫・小説】買取実績もご参考ください!

 

 

実用書

暮らしや生活の中で必要となる情報を目的ごとに紹介している本です。

例えば、料理、育児、スポーツ、趣味、旅行、地図など種類は多岐に渡ります。

 

比較的やさしい内容で普段の生活の中で使える情報が書かれており、更に専門的で高度な内容のものは「専門書」へとジャンル分けされます。

 

ばれろん堂の【料理本】買取実績もご参考ください!

 

 

ビジネス書、経済・経営

仕事や経済活動、経営に関わる本が分類されますが、対象となる本や内容はかなり広く明確な線引きがあるとは言えません。

例えば経済学や経営学、マーケティング、税務会計、金融、仕事上のノウハウや上達方法を紹介するものなどがあたります。

 

優れた経営者や企業を紹介するような本などもこのジャンルに含まれます。

 

ばれろん堂の【ビジネス書】買取実績もご参考ください!

 

 

絵本、児童書

児童書には学習図鑑や学習漫画、学習用の教材なども含まれます。

絶版絵本は買取時に高額査定の可能性がありますよ。

 

ばれろん堂の【絵本・児童書・図鑑】買取実績もご参考ください!

 

 

学習参考書

小・中・高校生の学習参考書、大学受験のための参考書、各試験や資格取得のための参考書などが該当します。

 

ばれろん堂でも大学入試の赤本や受験参考書などを強化買取しています!

最新版から古いものまで買取しています。

 

ばれろん堂の【参考書 ・大学教科書】買取実績【教材・辞書】買取実績もご参考ください!

 

 

専門書

それぞれの書籍の内容が高度かつ専門的な本の総称となります。

専門書の中でも大きな割合を占めるジャンルとしては、医学書や学術書、美術書、デザインやアート関連の専門書などがあります。

また、芸術的・学術的な書籍だけでなくビジネス本やマナー本などを含むこともあります。

 

ばれろん堂ではこんなジャンルの専門書も扱っています。

【医学書・学術書・技術書】買取実績

【美術書・デザイン書・アート】買取実績

【建築書・ビジネス書・歴史書】買取実績

 

 

コミック、雑誌

漫画の単行本や月刊雑誌、週刊雑誌などが含まれます。

ばれろん堂の【漫画・コミック・アニメ】買取実績【雑誌・会報誌】買取実績もご参考ください!

 

大きな書店ではジャンルと書籍のおおよその配置が掲載された一覧や看板などがあるので、そちらでより具体的なイメージを持つのもよさそうです。

 

 

本のサイズから見る本の種類とは

本はその内容によってふさわしいサイズ(判型)が決まっています。

例えば文字を中心とした本は小さなサイズ、写真集や図鑑、美術全集など写真や図が中心となる本は大きなサイズとなるのが一般的です。

内容に適切なサイズを選ぶことで、1ページに収まる文字数や文字サイズが内容に適切なものになります。

 

また、「単行本」「文庫」「新書」といった分類は本の内容によるジャンル分けではなく、本のサイズによる分類です。

 

【主な本の種類とサイズの目安】

文庫本:A6判、105×148mm

新書本、漫画の単行本:新書判、103×182mm

文芸書、単行本など:四六判、128×188mm

専門書、週刊誌など:A5判、148×210mm

写真集、美術所、月刊誌など:A4判、210×297mm

 

 

本のジャンルは意外とたくさん!内容やサイズによっても分類されます

本の種類は多岐に渡り、明確な種類分けの決まりはありません。

本屋や出版社でさえ「この本はどのジャンルに入れたら良いだろうか……?」と迷ってしまうこともあるくらいです。

図書館では「日本十進分類法」により大きく10種類の分けて並べ、書店では本の内容や目的、発行形態やサイズなどによって独自に分類しています。

 

文芸や雑誌のジャンルがなじみ深いかと思いますが、専門書ジャンルも実に多種多様。

ばれろん堂では取扱いの多いジャンルの一つです。

 

札幌で古本を高く売るなら、古本買取専門店「ばれろん堂」!

古書にも強く高額買取・スピード査定いたします!

北海道全域へ無料で出張買取&全国どこからでも宅配買取送料無料!

ぜひご相談ください(^^)/

 

 

お申し込み・お問い合わせ
はこちら

お気軽にお問い合わせください!
【受付時間 9:00~19:00】

0118213336 0118213336

24時間受付中! LINEもOK!

全古書連 札幌古書組合加盟店

〒062-0934
北海道札幌市豊平区平岸4条3丁目7-11

0118213336 0118213336

受付時間 9:00〜19:00

ばれろん堂白石店
〒003-0022
北海道札幌市白石区南郷通18丁目南1-3