ばれろんNEWS

2019年5月17日 コラム

札幌市の方へ|絵本の買取事情を古本業者のプロが解説します!

「もう読まなくなった絵本を買い取ってもらいたい…」
「絵本の買取ってあまり聞かないけどできるのかな…」

古本の買取市場が盛んな今日では、多くの方が読まなくなった本の買取についてお悩みです。
読まなくなった絵本の買取に関しても同様です。

今回は、絵本の買取事情についてお話しいたします。

□絵本の買取の特徴

絵本の買取には2つの特徴があります。

*特徴1:人気作品に高値がつく

いわゆる「人気作品」と呼ばれる絵本は、買取の際に高値がつきます。

人気作品が「人気」であるのには、理由があります。
人気作品は色使いやストーリー性が豊かであるため、知育性が高いと考えられているからです。

今日では、インターネット上で、教育に役立つ絵本の評価が多く記載されております。
インターネット上で高く評価される作品は需要が高まり、新品よりも、安い中古のニーズが高まります。

一方で、あまり評価されていない作品や、有名ではない作品は買取価格が低くなります。

*特徴2:状態の悪い本は売れない

書き込みやシミのある絵本は買い取ってもらえない場合があります。
また、買い取ってもらえたとしても安値がつくことが多いです。

これは、中古の絵本のニーズに理由があります。
中古の絵本は、図書館や保育園、幼稚園からのニーズが高いです。
これらの施設は衛生状態を重視しているので、新品またはきれいな状態の中古の絵本を購入します。

しかし、状態の悪い本であっても、「不朽の名作」と呼ばれるような希少価値の高い絵本は、多少状態が悪くても、高値で買い取られます。

□絵本の買取のコツ

どのような本であれ、買取を希望する際は、多くの方がある程度の金額になることを望みます。
しかしながら、想像していた金額よりもはるかに低くなってしまうこともあるでしょう。

不要になった絵本を少しでも高値で買い取ってもらうためのコツがあります。

*その1:絵本を専門に買い取る業者を利用する

今日の古本買取の業者は、多様な形態や専門性を有しております。
店舗を設けずインターネットで買取を行う業者や、買取を特定のジャンルのみに定めている業者があります。

絵本を専門に買い取っている業者は、絵本の販路を多く持っています。
したがって、需要にあった絵本を買い取れるため、高値がつきやすくなります。

*その2:状態の良い絵本を売る

状態の良い作品には高値がつくことは説明いたしました。
それに加えて、買取に出す前に自分のできる範囲で本をクリーニングすることも大切です。

□まとめ

今回は、絵本の買取事情についてお話しいたしました。
絵本の買取には、その他の本と異なった特徴があります。
その特徴と、絵本を買取に出す際のコツを把握して実践することで、買取価格が上がる場合があります。

ばれろん堂では絵本の買取を行っております。
札幌市だけでなく道内全域で絵本の売却をお考えの方は、当社にご相談ください。

お申し込み・お問い合わせ
はこちら

お気軽にお問い合わせください!
【受付時間 9:00~19:00】

0113761992 0113761992

24時間受付中! LINEもOK!

全古書連 札幌古書組合加盟店

〒062-0934
北海道札幌市豊平区平岸4条3丁目7-11

0113761992 0113761992

受付時間 9:00〜19:00

ばれろん堂白石店
〒003-0022
北海道札幌市白石区南郷通18丁目南1-3